藤田美術館の至宝 国宝 曜変天目茶碗と日本の美@サントリー美術館



サントリー美術館で開催されている「藤田美術館の至宝 国宝 曜変天目茶碗と日本の美」に行ってきました。

明治の実業家・藤田傳三郎氏(ふじたでんざぶろう)と、長男平太郎・次男徳次郎両氏が収集した茶道具、美術品などを収蔵する、大阪の藤田美術館のコレクションを紹介する今回の展覧会。1番の見どころは、やはり、展覧会のタイトルにもなっている「曜変天目茶碗(ようへんてんもくちゃわん)」。「瑠璃色の斑紋が器の内外に現れ、まるで宇宙のように煌めく」というキャプションがありましたが、まさにそのとおり。斑紋も、本当に鮮やかで、美しい瑠璃色でした。写真は、美術館の入り口のポスターを撮ったものですが、これでは、美しさが全くわからないですね…。

他にも、仏像、絵巻物、絵画、茶道具、香合など、国宝、重要文化財となっている美術品が並び、とても見ごたえのある展覧会でした。
藤田傳三郎氏は、明治維新後の廃仏毀釈仏教美術が失われることに危機感を持ったことが、これだけのコレクションをつくることになったわけですが、藤田親子の美意識が反映したすごいコレクションだと思いました。