コクーン歌舞伎「四谷怪談」



コクーン歌舞伎「四谷怪談」に行ってきました。
今回の「四谷怪談」は、2006年に上演された「四谷怪談」の[北番]をベースにして新たに構成したものとのことですが、2006年の「四谷怪談」は、私は見ていません…。


「四谷怪談」は、歌舞伎座でも時々上演されていて、十八代勘三郎がお岩さんを務めたのものとか、当代勘九郎がお岩さんで海老蔵民谷伊右衛門という配役のものとか、何度か見ていると思います。今回は、上演機会が少ない「深川三角屋敷の場」が上演されます。お岩さんと民谷伊右衛門の悲劇だけではなく、お袖と直助の悲劇という、ちょっとした歯車が狂ったことで起きる2つの悲劇が描かれます。また、「四谷怪談」が忠臣蔵の世界を背景としていることが、ところどころに表現されていました。
シアターコクーンの舞台で、お岩さんの髪漉きの場面や戸板返しの場面など、おなじみの場面をどう見せてくれるのかと楽しみにしていましたが、「こうきたか!」とういうような、自分が思っていなかったような展開で、おもしろかったです。中村勘九郎中村七之助の兄弟、中村獅童中村扇雀を中心に、熱い舞台を見せてくれます。コクーン歌舞伎ではおなじみの、片岡亀蔵笹野高史は、今回もいい味を出しています。コクーン歌舞伎初参加の首藤康之は小汐田又之丞役で、ほとんど動きがなく…。聞きやすい、いい声でした。
また、通行人が黒いスーツのサラリーマン姿で、時には黒子になって舞台展開を行ったりと、江戸と現代が不思議に交錯する舞台。舞台上でミュージシャンがジャズを演奏するのが、全く違和感がなかったです。そして、馬頭琴の不思議な響きが舞台に合っていたと思います。


今回は、プログラムを買いそびれてしまったので、細かい部分は確認できていません。しかし、エネルギッシュな舞台は、予備知識がなくても楽しめます。もちろん、「四谷怪談」のあらすじや、登場人物の関係、忠臣蔵を背景にしていることなど知っていた方が、より舞台を楽しめるとは思いますが。


今月号の『演劇界』の巻頭大特集が「渋谷・コクーン歌舞伎」なので、予習・復習におススメです。(表紙は、先月の歌舞伎座での菊之助親子の写真ですが…。)

演劇界 2016年 07 月号 [雑誌]

演劇界 2016年 07 月号 [雑誌]