秀山祭九月大歌舞伎@歌舞伎座

「秀山祭九月大歌舞伎」に行ってきました。
歌舞伎はたいてい3階席で、「この役者さんの組み合わせだったら、1階席で見たい」と思った時に、年に数回、1階席で観ています。今回は、久しぶりに、昼夜とも、3階席の最前列の席(しかも、ほぼ中央)がとれました。夜の部の「吉野川」の、両花道を使った場面もしっかり観ることができました。


個人的には、夜の部の「吉野川」が楽しみでした。大判事の中村吉右衛門、定高の坂東玉三郎のほか、久我之助の市川染五郎、雛鳥の尾上菊之助、腰元に中村梅枝・萬太郎の兄弟が出演しています。何といっても、両花道での大判事と定高のセリフの掛け合い、そして、相手の子供を助けてやりたいと思いつつ、自分の子供の死に対する親の気持ち…。「吉野川」も何度か見ていると思いますが、今月の舞台は本当に見ごたえがあり、感動しました。
「昼の部」は、またか、と思った「一條大蔵譚(いちじょうおおくらものがたり)」。白塗りの吉右衛門が若々しくて*1、阿呆のふりをしている場面にわざとらしさがなくて、こちらもおもしろかったです。昼の部は、「太刀盗人」のすっぱの九郎兵衛の踊りが良くて、期待していた以上でした。


そして、個人的には、中村吉右衛門尾上菊之助が同じ演目に出演することが増えていることに注目しています。中村吉右衛門義太夫狂言は、現在の役者の中でも1番ではないかと思っています。義太夫狂言らしい重みがあり、セリフもしっかりしています。
尾上菊之助中村吉右衛門と同じ演目、特に、今月の演目である「一條大蔵譚」や「吉野川」に出演することで、播磨屋義太夫狂言を学ぼうとしているのではないか、そんな気がしています。*2
これからの歌舞伎を担う若手の役者さんには、ぜひ義太夫狂言をしっかり学んで欲しいと思っているのですが…。


途中まで読んで、積読状態になっている『菊之助の礼儀』。今月の舞台を見て、菊之助に注目したので、読むのを再開しようと思っています。


菊之助の礼儀

菊之助の礼儀

*1:先に観た、夜の部「吉野川」の大判事が、老齢といった感じだったせいもあるかもしれません。

*2:播磨屋の芸が、どのように受け継がれていくのかが気になるところです。