「第13回レファレンス協同データベース事業フォーラム」参加者募集中!

第13回レファレンス協同データベース事業フォーラム」が、来年2月17日(金)の午後、国立国会図書館関西館で開催されます。詳細は、事業フォーラムのページでご確認ください。
今回のフォーラムのテーマは「レファ協にデジタル情報資源を活用しよう 〜ローカルからグローバルまで」。今回のテーマ設定について、開催概要のページには、次にようにあります。

 今日、デジタル情報資源、すなわちインターネットを通じてアクセスできる情報をめぐる環境の進歩は目覚ましく、資料のデジタル化も進み、地域資料も その中に含まれます。
 デジタル情報資源が身近な存在となったこの時代に、図書館員がそれらの情報資源をレファレンス業務に活用できるように、さらにはレファ協の事例にURLを貼るなどして、より時代に合った利便性の高いサービスになればと考え、今年度のフォーラムを企画しました。


フォーラム前半は、国会図書館のデジタル化資料、神戸大学附属図書館の「新聞記事文庫」、「北摂アーカイブス」、北海道立図書館の「北方資料デジタル・ライブラリー」、国際機関等のサイトといったデジタル情報資源の概要とレファレンスでの活用についての事例報告、後半はパネルディスカッションというプログラムになっています。


地域資料のデジタル化とその活用は、おそらく、ほとんどの公共図書館で課題となっていることではないでしょうか。同時に、自治体の古い写真や地図などについてのレファレンスも少なくなく、調査は結構大変だったり…。
今回のフォーラムに参加すれば、何かヒントが得られるかもしれません。また、フォーラム終了後に参加者同士の交流会を目的とした懇親会も予定されているので、他の図書館の方と情報交換することができるかもしれません。
レファ協フォーラムには、都合がつけば、参加しています。そして、今回は参加する方向で調整中です。             

          • -

(写真は、銀座の「ヒカリミチ2016」で、中央通りにある“光と樹”をモチーフにしたイルミネーション・オブジェの1つです。)