2017年新春浅草歌舞伎(第1部)に行ってきました

浅草公会堂で行われている新春浅草歌舞伎第1部に行ってきました。今年初めての歌舞伎です。
若手役者さんが中心になって一生懸命取組んでいる姿。何年後かには歌舞伎座の舞台で演じているかもしれない、などど考えながら、舞台を見ていました。


新春浅草歌舞伎恒例の「お年玉〈年始ご挨拶〉」は、中村壱太郎でした。この後、「傾城反魂香(けいせいはんごうこう)」に又平女房おとく役で出演するため、化粧をし、裃姿でのあいさつは、マイクごしでしたが、とても聞きやすい声でした。元旦の朝に大阪から東京に向かう様子や、「傾城反魂香」の解説をしてくれました。
個人的に注目していたのは、坂東巳之助が務める「傾城反魂香」の又平でした。大汗をかいての熱演、初めてとのことでしたが、なかなか良かったと思います。「吉野山」の早見藤太でもそうでしたが、踊りの時など、決まるべきところがきちんと決まっていたように思います。
今回の座頭となる尾上松也は「吉野山」の佐藤忠信実は源九郎狐を務めます。尾上菊五郎から教わったとのことですが、狐になった時がまだまだのように思いました。浅草公会堂は花道のすっぽんがないので、どのようにして登場するのかと思いましたが、こういうやり方もありか、と思いました*1。私が歌舞伎を見始めた頃、子役といえば尾上松也だったので、今さらながら、自分も年をとるわけだ、などと思った次第…。華はあると思うので、この後、舞台を重ねていく間にもっと良くなるかもしれません。
歌舞伎座との掛け持ちという中村壱太郎。又平女房おとくも静御前も、しっかり務めていたのではないかと思います。憧れの役で、猿之助から教わったというおとくは、又平を思う心が出ていたように思います。
第1部が思っていた以上の出来だったので、第2部も楽しみです。
ちなみに、今月は、新春浅草歌舞伎の第1部、第2部のほか、歌舞伎座昼の部と新橋演舞場夜の部を観劇予定です。国立劇場でも歌舞伎公演がありますが、スケジュール的に難しそうで、あきらめました…。


それにしても、今日の浅草は人が多かったです…。
浅草寺は、初詣の人で参道が埋まっていました。お店も行列ができているところが多くて、亀十のどら焼きは1時間待ちだったので、あきらめました。新春浅草歌舞伎の第2部にも行く予定なので、少し早めに浅草へ行って、浅草寺のお参りをして、亀十のどら焼きを買いたいと思っています。
天気が良かったので、スカイツリーが青空に映えます。


*1:これから観る方のために、秘密にしておきます