「マリメッコ展」@Bunkamuraザ・ミュージアム に行ってきました


現在、渋谷のBunkamuraザ・ミュージアムで開催中の「マリメッコ展」に行ってきました。
当初の予定では、昨年中に行こうと思って、前売券を買っていたのですが、昨年末は体調不良のため、外出することができず…。街中で時々見かけるマリメッコの「ウニッコ(けしの花)」の図案が使われた「マリメッコ展」のポスターを見かけるたびに、「早く行かなくては!」と思っていました。


展示会場は「はじめに−マリメッコとは?」「マリメッコの歩み 1951−2016」「デザインの芸術」の3つのコーナーで構成されています。
今回の展覧会のポスターやチラシに使われている、マリメッコの「ウニッコ」や「シィールトラプータルハ(市民菜園)」といった図案は知っていても、実はそれほどマリメッコのことは知らなかったのですが、展示会を見て、マリメッコの歴史や図案・デザインなどについて知ることができました。壁につるされた大きなファブリック、ファブリックの原案となったデザイナーのスケッチ、ファブリックを使ったドレスなどが対比されて並べられています。大胆な図案も色や大きさが変わることで、全く違う印象となります。ドレスは、形はシンプルながら、ファブリックの柄がうまくいかされているように思いました。「この図案も、マリメッコのものだったのか…。」と知ったものもありました。


グッズ売り場には、マリメッコの商品が販売されていましたが、今回の展覧会のオリジナルグッズは、ポストカードのみのようでした。図録は、ポスター付きの箱入りのものと、図録のみのものが販売されていて、私は図録のみのものを購入しました。マリメッコについて、復習しようと思っています。