猿若祭二月大歌舞伎(夜の部)@歌舞伎座



歌舞伎座の「猿若祭二月大歌舞伎」夜の部に行ってきました。猿若祭ということで、昼の部、夜の部とも、中村屋にゆかりの演目が並んでいます。


夜の部の話題は、何と言っても、「門出二人桃太郎(かどんでふたりももたろう)」でしょうか。中村勘九郎の長男と次男が三代目中村勘太郎、二代目中村長三郎として初舞台を勤めます。周りの役者さんも、豪華です。小さい二人の役者の一挙手一投足に、客席が沸きます。やはり、お兄さんの中村勘太郎の方が、年長の分、動きがしっかりしているように思いました。舞台の途中で口上が入ります。二人の後ろに、父親の勘九郎、叔父の七之助がついています。二人への配慮なのか、七之助勘九郎の口上が非常に早口でした。勘九郎の「父のように、皆様に愛される役者になりますよう」という言葉が、とても響きました。
「絵本太功記」は、武智光秀を中村芝翫が務めます。襲名で、一回り、役者として大きくなったように思いました。まだ、台詞がこもってしまうところがありますが、義太夫狂言をもっと手がけていって欲しいと思います。個人的には、中村鴈治郎中村錦之助の配役は逆で観たかったと思います。
そして、思っていた以上におもしろかったのが「梅ごよみ」。尾上菊之助の芸者仇吉、中村勘九郎の芸者米八が素敵でした。菊之助の仇吉は、とにかくきれいです。12月の「道成寺」の時は、なんとなくごつい感じがした勘九郎ですが、今月は何となくすっきりとしていて、情のあって粋な深川芸者となっていました。二人とも、粋な着物姿が素敵です。
この二人が丁々発止としてとりあう色男の丹次郎が市川染五郎。すっきりとしたいい男ではあるけれど、少々色気が薄いように感じました。
「梅ごよみ」だけでも、もう一度観たいような…。