六本木歌舞伎「座頭市」に行ってきました



現在、六本木のEXシアター六本木で行われている、六本木歌舞伎「座頭市」に行ってきました。
市川海老蔵が盲目の役? 寺島しのぶが歌舞伎に出演? 一体、どうなるんだろう、と思いながら劇場に足を運びました。
結果は、「おもしろかった!」。


最初、幕が開いた時に、市川海老蔵が、Tシャツ・スウェットパンツの上下で登場します。舞台の端に腰かけて、手渡されたバナナを食べ始めて…。「えっ?」と思っているうちに立ち回りが始まり、その中で赤い衣装に着替えます。花道からは、寺島しのぶの薄霧太夫の花魁道中がやってきます。猥雑で混沌とした感じが、演出の三池崇史の六本木に対するイメージなのでしょうか。
海老蔵の目力”を封印することで、「見えている人には見えないものが見えている、見えていないものが見えるということを目を使わずに表現できるのか」に挑戦したそうです。市川海老蔵が、自然に盲目の役を演じていることに驚き、それでいて、立ち回りは激しく、迫力のある物でした。
薄霧太夫と盲目の少女・おすずの二役を演じる寺島しのぶもうまかったです。化粧をした顔が、弟の菊之助に似ていると思ったのですが、歌舞伎座のロビーで何度か見かけたことがある、母親の藤純子にも似ているようにも思いました。(親子だから、似て当然?)
ちなみに、第一幕最後の「薄霧の座敷」での市と薄霧太夫の濡れ場は、毎回アドリブらしいです。


歌舞伎の専用劇場ではない劇場での歌舞伎。天井から下がるミラーボールも使われます。また、時事的なネタもあったりします。
今回は2階席で観たのですが、休憩時間に新造役の役者さんが3人、舞台の扮装のまま客席にやってきていました。第2幕の開幕の前に、この3人で、幕外で歌舞伎ラップ(?)で客席を盛り上げるのも楽しかったです。


そして、新作もいいけれど、歌舞伎座市川海老蔵義太夫狂言とか、歌舞伎十八番が観たい、と改めて思いました。来月の歌舞伎座の夜の部は、「助六」の花道の出が観たくて、1階席にしました。