『トランクひとつのモノで暮らす』

トランクひとつのモノで暮らす

トランクひとつのモノで暮らす


季節の変わり目のためか、最近、また「片づけしたい!」という気分になっています。年度末で、仕事が立て込んできていることから逃避したいからなのかもしれませんが…。いずれにしても、仕事が立て込んでいたり、いつの間にか予定がいっぱいにになってしまうと、何となく、家の中が雑然として、モノがあふれてきているように感じて、落ち着かなくなってきてしまします。
そして、自分が「片づけしたい!」と思っている時は、お片付け関係の本や、最近増えているミニマリストさんの本を読んむことが多いような気がします。この本を読んだのも、おそらく、今の気分のせいかもしれません。


最近は、様々なミニマリストさんがブログで情報発信されていますが、この本の著者も「魔法使いのシンプルライフ」というブログも書いています。
私自身はミニマリストには到底なれそうもないのですが、モノを管理する時間を減らしたいし、少しでも身軽になりたいので、少しずつモノを減らそうとしています。一気にはできないので、気が向いた時に少しづつ、という状態です。ミニマリストさんの本やブログを読んで参考にすることもありますが、「自分には無理!」ということもあります。例えば、この本の著者は手帳を手放したそうですが、私は手帳がないとだめです。スケジュール管理だけではなく、何かにつけて、いろいろ書きこんでいて、手帳を忘れて出かけると、大変なことになりそうです。


この本で参考になったのは、「定番服をアップデートする」という服の持ち方について。

自分らしさの象徴だったモノでも、自分の中身が変われば変化します。気に入っていたシルエットは、体型が変われば合わなくなることも。定番服を持ちながら、時々アップデートしていきたいと思っています。(p.51)


もしかしたら、そろそろ冬の服から春の服に変わる時期で、新しい服が欲しくなっている時期だから? 
理想は、衣替えで入れ替えをしなくても良いクローゼットなのでしょうが、まだそこまでは到達していません…。「1つ入れたら2つ手放す」ルールも、取り入れてみたいと思います。
それから、以前よりは減ったと思いますが、1年以内に使わなかったモノや、いつの間にかストックしているモノなど、まだまだありそうです。改めて、自分の身の回りのモノについて、チェックしてみる必要がありそうです。