新年度


今日から平成29年度がはじまりましたが、土曜日なので、新しい年度が動き始めるのは、あさっての月曜日からでしょうか?勤務館では、今日から新年度の体制でスタートしていますが、今回は館内異動が多かったので、一部の職員は、前の職場で勤務したりで、なんとかローテーションを回して、サービスに支障が出ないような体制を組んでいます。
私自身は異動はなかったものの、通常業務をしながらの新年度の準備があって、本当に目が回るくらいの忙しさでした。来年度から始まる業務を任せようと思っていた職員が異動となって、中継ぎ的に、「自分が処理しなくてはいけないのか…。」ということもあったり…。
しばらく、何かと慌ただしい日が続きそうです。やらなくてはいけないことはたくさんありますが、頼めることは頼むようにして、何もかも一人で抱え込むようにしないこと、そして、若手職員にはきちんと目を配ってサポートしていくことを心がけたいと思っています。


今年も、何人かの方が図書館を卒業しました。
何かあった時に尋ねると、対応方法や経緯などをすぐに答えてくれるなど、仕事で大変お世話になった方もいます。できれば、もう少し残って、若手職員の育成に力を貸して欲しかったと思っていたので、非常に残念です。
そして、年度末の引継ぎの中で、その方がやりきれなかったことなど、いろいろと思っていることも話してくださいました。私がどこまで受けとめることができたか、そして実行できるかわかりませんが…。
私自身も、いつかは図書館から去る日がくるだろうことを、意識することが増えました。そして、私自身が先輩から教わったことや業務をやりながら身につけたこと。それらを、これからの図書館を担う若手職員に上手に伝え、スキルアップを支援すること。それまでにやらなくてはいけないと考えていることもいろいろあります。


今週末に見頃になるのではないかと言われていた東京の桜も、今週、寒い日が続いたために、少し足踏み状態です。私が社会人になった日は、東京の桜が満開でした。桜を見ると、その時の自分が思い出します。