6月と言えば・・・




6月と言えば、雨? 梅雨?
東京はすでに梅雨入りしていますが、先週は晴れて暑い日が多くて、梅雨らしくない天気が続いたのですが、今日の午後は雨になりました。天気予報では、明日はまた晴れて暑くなりそうですが。
通勤で通る公園では、先月下旬くらいからアジサイの花が咲き始め、少しずつ、花の色が濃くなっています。私も、毎年恒例になりつつあるアジサイの観察を開始し、時々、写真を撮っています。


そして、6月と言えば、勤務館では曝書(特別整理休館)の時期でもあります。年によって、期間がずれたり、なかったりすることもありますが。曝書の準備はかなり前から始めます。担当になれば、全体の作業計画を立てます。それに従って、書庫入れする本を選び、1年分の新着図書がスムーズに配架できるよう、書架内の資料を動かしたりしてを調整ます。場合によっては、前倒しで曝書の前に書庫入れを行うこともあります。
蔵書点検のやり方も少しずつ変わってきていますが、やはり、大がかりな作業です。ICタグが入っている図書館では、簡単に蔵書点検ができるようですが、勤務館ではICタグは入っていないため、1冊ずつ、資料に貼られたバーコードを読み込む方式でやっています。どうやったら効率的に蔵書点検ができるか、といったような、蔵書点検のやり方のノウハウ的なものは、代々受け継がれていると思います。現在は、職員のほか、業務委託の職員も入って行うので、どう業務を配分して行うかということもあります。
書庫入れの前後にはいっせいに整書も行いますが、整架をしながら、「こんな本があるんだ。」と思いがけない本に出会うことも。整架をしながら、どこにどういう本があるのかを知ることもできます。
そのほか、蔵書点検のほか、休館期間を利用した大がかりな資料の移動を行ったり、施設の点検や工事が行われます。


図書館は休館していますが、中では様々なことが行われています。これもすべて、サービスを適切に行うためのことです。
また、普段は不規則勤務で全員が揃うことがほとんどないのですが、この期間は、職員総出で作業を行います。一緒に作業を行うことで、職員間のコミュニケーションが普段よりも活発に行われているような気がします。