七月大歌舞伎@歌舞伎座

梅雨明けした東京は、暑い日が続いています。
暑い中、市川海老蔵が熱い舞台を見せる歌舞伎座に行ってきました。


話題は、夜の部「駄右衛門花御所異聞(だえもんはなのごしょいぶん)」の、市川海老蔵親子の宙乗りでしょうか。花道から勧玄君が出てきた時は、客席から「かわいい〜。」の声とともに大きな拍手。お父さんと一緒に宙乗りをしながら、客席に向かって手を振る様子は、かわいかったです。
「駄右衛門花御所異聞」は、白波五人男の首領としておなじみの、日本駄右衛門が主役です。「秋葉権現廻船語(あきばごんげんかいせんばなし)」をもとにした復活狂言で、市川海老蔵が日本駄右衛門、玉島幸兵衛、秋葉大権現の3役を早替りで勤めます。ところどころに、「ここは、あのお芝居?」と思えるような場面がちりばめられていて、いろいろと見せ場はあるけれども、お芝居としてはややまとまりに欠けていたように思いました。


昼の部は「加賀鳶(かがとび)」から観ました。市川海老蔵の天神町梅吉は、すっきりとして、いなせな鳶頭でした。観る前はニンに合っていないのではないかと思っていた道玄は、ふてぶてしさや滑稽さがやや不足し、時々、目をむきすぎるところはあるものの、意外と面白い道玄になっていたと思います。お兼の市川齊入、おせつの市川笑三郎、お朝の中村児太郎も良かったです。
今月の舞台で一番良かったのは、市川海老蔵坂東巳之助の「連獅子」でした。市川海老蔵狂言師右近で出てくると、舞台が華やぎます。役者として、ひと回り大きくなったような気がしました。対する坂東巳之助は、やはり、踊りが上手です。獅子になってからの気振りは、二人とも勢いがあり、動きも揃っていました。「これでもか!」という二人に、客席からは大きな拍手がわきました。踊りですが、二人の個性も出ていて面白かったです。