初めてのファン感

等々力陸上競技場で行われた川崎フロンターレの「2017年ファン感謝デー」に行ってきました。
川崎フロンターレの試合を見るようになったのはおととしの夏なので、私は、今回が初めてのファン感でした。お昼前から雨が降り始めたのですが、午後1時くらいには雨が上がりました。曇り空であまり暑くなく、湿度は高かったものの、時々風が吹くと涼しかったです。炎天下の開催ではなくて、良かったかもしれません。


入場して、まずは「メインスタンドツアー」に参加しました。「ツアー」と言っても、指示されたルートを自分のペースで見て回るというものですが、普段は入ることのできない場所が見れたりしたので、面白かったです。最初に、階段を上って6階へ。踊り場に掲示してあった選手の写真に励まされて、上っていきます。6階ボックスシート、テラスシートからの眺めはこんな感じでした。

   


その後、5階の選手席、4階のカメラプラットフォーム(TV中継カメラが撮影を行っているエリア)、2階プレミアムラウンジなどを見て、最後は1階の選手ロッカールームと室内練習場でした。


今年は、来場者が初の1万人をこえたとのことで、人が多かったです。選手のサインの列や、ファン感限定グッズや飲食の列は長蛇だったので、時間帯のせいだったのか、あまり並ばずに買うことができた“家「ナ〜ガ」ミルクチョコレートのチョコプリン”を買い、その後は、2階の砂かぶり席でステージを見ていました。天気が良ければ、もっと遠くまで見渡せるのでしょうか?


少々、意外なメンバーによる女装(!)のチアダンスは、結構キレがあって良かったのでは? その後のライブも盛り上がっていましたが、何と言っても、最後のアンコールで登場したSHISHAMOの3人。フロンターレファンで、時々スタジアムに来ているそうですが、選手たちに囲まれてドギマギしている様子がかわいかったです。一転、「明日も」の生演奏は迫力があって、みんなで盛り上がっていました。


初めてのファン感、疲れたけれども楽しかったです。そして、多摩川クラシコの動画が盛り上がっていますが、次は週末のジュビロ戦。鬼木監督の最後のあいさつが力強かったので、期待して応援していきたいと思っています。