特別展「運慶」@東京国立博物館


東京国立博物館で行われている、興福寺中金堂再建記念特別展「運慶」に行ってきました。

 興福寺中金堂再建記念特別展「運慶」 
 東京国立博物館平成館 特別展示室   
 2017年9月26日(火) 〜 2017年11月26日(日)


「運慶」展は、この秋、話題の展覧会です。混雑状況は「Twitter @unkei2017komi」で確認することができます。私も、行く前に確認をしました。
私が行ったのは平日のお昼過ぎだったこと、事前に前売券を買っていたこともあり、待ち時間もなく会場に入ることができましたが、土日は混雑しているようです。そして、待ち時間もなく入場できたのですが、会場内は本当に人が多かったです…。ただし、入口付近などは混雑しているものの、次第に人がばらけていくので、それほどストレスなく展示を見ることができました。それに、展示している仏像が大きいものが多く、正面からだけではなく、様々な角度から眺めることもできます。仏像の存在感に圧倒され、思わず見入ってしまうことも。今にも動き出しそうな筋肉、身につけた衣類のひだの様子、そして、何よりも目に力があるように思いました。


魅力的な仏像がたくさんあったのですが、個人的には、以下の仏像に魅せられました。

  • 静岡・願成就院の「毘沙門天立像」:力がみなぎっていて、今にも動いだしそうな感じがしました。
  • 奈良・興福寺の「四天王立像」:こちらも圧倒的な迫力で、今にも動き出しそうな感じがしました。
  • 和歌山・金剛峯寺の「八大童子立像」の中の「制多加童子(せいたかどうじ)」:ポスター・チラシにも使われていますが、キッと見つめる表情とまとった衣服の模様が未だに鮮やかに残されていました。
  • 京都・海住山寺の「四天王立像」:こちらは小ぶりな作品ながら、本当に細かいところまで作りこまれていました。色も鮮やかです。それぞれの像が踏みつけている邪鬼の表情がとてもユーモラスでした。


とにかく、見どころ満載の「運慶」展。会期後半は混雑が予想されるのので、興味のある方は、早目に訪問した方が良いと思います。でも、途中で展示の入れ替えもあるので、混雑覚悟でもう1度行くかどうか、悩ましい所です。
また、行く前は、特設サイトなどで、主要作品の解説を読んでからの方が良いかもしれません。


会場出口に、記念撮影スポットがありました。


会場を出た空を見上げると、青空に雲が浮かんでいました。すっかり、秋の空です。