同窓会


昨晩は、大学の同窓会でした。
毎年、だいたいこの時期に、集まれるメンバーで、とういうゆるい感じで、続いています。毎回、セッティングしてくれる幹事に感謝です。


毎年参加しているコアメンバーがいて(私は、コアメンバーの方?)、そこに初めて参加する人がいたり、都合のつく時だけ参加する人がいたりで、昨日も20人くらい集まったでしょうか。この日のために、わざわざ仙台や京都などから上京してくるメンバーもいます。


単科大学で1学年の学生数も少ないため、ほとんどの人は学生時代から顔見知りですが、学生時代はあまり接点がなかった人も、実は少なくありません。卒業後は、同じ図書館で働く人がいる一方、何人かは連絡を取り合ったりする人はいましたが、ほとんどの人とは音信不通でした。最初に声がかかった時は「大丈夫かな?」と思いながら恐る恐る参加しましたが、全くの杞憂でした。昨日も、参加した人全員と話をすることはできず、調子がイマイチだったために一次会までの参加でしたが…。幹事のFacebookをのぞくと、三次会まで盛り上がったようで…。みんな、元気で何よりです。そして、今回は近況報告を兼ねた自己紹介の際に「学籍番号を言う」ことがお題として課せられましたが、ほとんどの人がすらすらと言っていてびっくりでした。


この1年で、参加者の近況も変化があり、大学院に通い始めた人、本を出版した人、大学教員に転職した人、仕事をやめて専業主婦になった人、趣味の卓球を続けている人、子供が社会人になった人、子供と一緒にウクレレを習い始めた人、就職が決まった人など、本当にいろいろです。50歳も過ぎて、「定年」という1つのゴールも見え始めたお年頃。みんな、大変だけれど、頑張っている様子に、「自分も、もう少し頑張らないとな。」と、帰りの電車で思いました。