「わフェスin池上本門寺」に行ってきました


東急池上線開業90周年を記念して、池上本門寺で開催されたイベント「わフェスin池上本門寺」に行ってきました。
大田区商店街振興組合連合会と品川区商店街連合会の協力のもと、池上線沿線の人気和スイーツ店など15店舗が一堂に会する和スイーツの食フェスイベントなのだそうです。スイーツ好きには見逃せません。


池上本門寺には初めて来たので、まずは、池上本門寺のお参りから。
長い石段をゆっくり登ります。


今日は、七五三のお参りに来ていた家族連れも多かったです。



お参りを済ませてから、「わフェス」が開かれている桜広場へ向かいました。
切符のような入場券をもらい、駅員さんの改札を通って会場へ。


まずは、会場入り口近くの、たい焼き「ダ・カーポ」さんの行列に並びました。池上本門寺五重塔もよく見えます。


たい焼きは、あんことスィートポテトの2種類あり、スィートポテトが人気のようでしたが、私は迷わずあんこを選びました。お店の方から「頭から食べてくださいね。」と言われました。


言われたとおり、たい焼きの頭から食べ、尻尾に到着すると、「!?」。
家に帰ってネットで検索してみると、どうやら、たい焼きの尻尾に梅肉が入っているようです。甘くておいしい粒あんの後に、お口直し的に入っていて、おいしかったです。


その後、何店か見て回り、お買い物。すでに、売切れになっていたお店もありました。wagashi asobiさんの「ドライフルーツの羊羹」が気になっていたのですが、残念ながら売切れでした。


江戸越屋さんの店先には、かわいらしい和柄のパッケージのチョコレートが並んでいて、目移りしてしまいました。結局、「栗にくるみ」、「みるくに小豆」、「ほうじ茶に黒豆」の3種類を購入。「かぼちゃに種」は、2袋以上購入してもらえたものですが、ハロウィン用の商品だったように思われます。「かぼちゃに種」を早速食べてみましたが、かぼちゃの味の濃厚な味のチョコレートにかぼちゃの種がトッピングされていました。


そして、休憩していると、急に列ができ始めたお店がありました。大学芋専門店の「甘藷まれのや」さんで、私も、つられて並び、おいしそうな大学芋を購入。


他にも、和スイーツをいくつか購入して帰宅しました。
思っていたよりもこじんまりとしていましたが、地元密着型の素敵なイベントでした。ぜひ、続けて開催して欲しいと思います。



会場に来ていた、東急電鉄のマスコット「のるるん」は子供たちに人気でした。