『服を減らせば、おしゃれになる』

服を減らせば、おしゃれになる

服を減らせば、おしゃれになる



11月も後半に入り、朝晩、だいぶ冷え込むようになりました。
衣替えは一気にはできず、少しずつ夏物をしまい、冬物を出していきました。その際、「この服は、来年も着るだろうか?」とか、「この服、何度も着たから、くたびれている?」とか、服のチェックをします。「もう、着ない」と判断したものは処分かリサイクルへ。この本は、衣替え+クローゼットの整理をしている際に読みました。


著者のおふみさんのブログ「ミニマリスト日和」は、時々読んでいます。ミニマリストにはなれない私ですが、物の持ち方や考え方など、参考にしています。


個人的には、「衣替えをしなくてすむクローゼット」が理想で、数年前から少しずつ服を減らしています。服が多いと管理が大変だし、着たい服も探しにくい。「買ったけれども着なかった服」を持っているのもどうかと。
そいうわけで、着ない服を減らすことで、クローゼットのスリム化を図っていますが、まだ、完成形には至っていません…。
この本で著者の定番アイテムとして紹介されている服−ボーダーシャツ、黒の丸首カーディガン、ワイドパンツ、ダウンコートなどーは、私にとっては苦手だったり、似合わない服なので、イラストで紹介されている着こなしは参考にはなりません。でも、「少数精鋭を着倒してアップデートしていく」、「私服の制服化」、「1 in 1 out で定量を保つ」 といった考え方は参考になりました。


似合う服は人それぞれなので、定番服も一人一人違います。また、仕事によっては、いろいろ規定がある場合もあると思います。
そんな中でも、「これを着れば安心という服」で何種類かコーディネートを作っておくと、悩まなくて済むので、非常に楽です。また、流行も、自分にしっくりくるものだけを取り入れればよいと思っています。
「もう少し、服、減したいな…。」と思いつつ、なかなか進まないのが現状…。果たして、理想の「衣替えをしなくてすむクローゼット」ができる日はいつになるのでしょうか?