2017年の個人的な振り返り

2017年も、あと数時間となりました。
今年も、本当にいろいろなことがありました。すでに忘れかけていることも多いのですが、ブログ記事などを手がかりに、私自身の今年1年を振り返ってみようと思います。


■ 仕事や図書館関係

  • 4月、私は異動はなかったものの、上司も含めて、半分くらいの職員が入れ替わったでしょうか? 職場の半分くらいは、ここ数年で採用された若い職員です。若い職員に、先輩職員から私が引き継いだスキルをどう継承していくか、職員の育成はここ数年の課題です。若手職員にどう仕事を任せ、サポートしていくかは、引き続き、来年も私の課題です。
  • 今年も、1名ですが、新規採用職員が配属されました。図書館の業務を継承していくためにも、新規職員の採用は継続して欲しいと思っています。
  • 今年も、年度途中に欠員(病休)が生じました。図書館の業務は種類が多く、それぞれ主担当を決めて回しています。業務をどう回していくか、今年も悩むことになりました。
  • レファレンスサービスも含め、少しずつマイナーチェンジがありました。レファレンスサービスについて、いろいろ考えることが多い1年でした。


■ 歌舞伎など

  • 今年も、毎月、歌舞伎観劇に行きました。歌舞伎座を中心に、新橋演舞場や浅草公会堂、シアターコクーンにも足を運びました。何回か、体調が悪かったりでドタキャンしたこともありますが。


  • 歌舞伎観劇は、私にとって着物を着る機会でもあるのですが、今年は、一度、歌舞伎座で職場の人にばったり。私が着物姿だったので、最初はわからなかったそうです。
  • 歌舞伎のほか、宝塚にも2回ほど行きました。たまには、宝塚も楽しいです。


■ サッカー観戦

  • 今年も、等々力競技場で、川崎フロンターレの試合観戦。監督が代わり、最初はなかなか勝ちきれない試合が多かったのですが、最終節で優勝!! 初優勝の場に居合わせることができ、うれしかったです。今年は、雨の中で試合が行われることが多かったのですが、優勝の日は、本当にきれいな青空でした。

  • ルヴァン杯決勝を見に、初めて埼玉スタジアム2002に行きました。結果は、残念ながら、負け…。悔しさをかみしめながら帰宅したことを覚えています。

  • 今年は、ファン感、フロンターレ展にも行きました。本物のシャーレも見ることができました。後援会会員は、来年も継続申込済です。


  • 今年も、気づけばマスコット達の写真をたくさん撮っていました。キズールが等々力に来た日(ガンバ大阪戦)は、残念ながら、仕事のため、行けなかったのですが。


■ 旅行、展覧会

  • 6月に奈良に行きました。久しぶりの奈良旅行は楽しかったです。平日だったので、興福寺の阿修羅像もじっくり見ることができました。奈良国立博物館で開催していた「快慶展」も良かったです。

  • 9月に母の法事があったため、遅めの夏休みをとって秋田に帰省。現在、実家には誰も住んでいないので、今年は1回しか秋田に行けませんでした。行ったついでに、実家の片づけもしてきました。自分の物も、まだ残っています…。何とかしなくては。そして、台風の影響のため、帰京のこまちが運休になりました。指定席を振り替え(指定席は仙台までがとれました)、仙台から、やまびこ号の自由席で東京に戻りました。
  • 10月は、東京国立博物館で「運慶展」、京都国立博物館で「国宝展」を見ました。どちらも混んでいましたが、見ごたえがありました!