秀山祭九月大歌舞伎(昼の部)に行ってきました

秀山祭九月大歌舞伎は、昼の部、夜の部とも見ごたえがありました。

昼の部の個人的な感想です。

 

www.kabuki-bito.jp

 

吉右衛門の河内山

「河内山」は、「上州屋質見世」からの上演です。上演時間の関係からか、時々、「上州屋質見世」の場面がカットされて、いきなり「松江邸広間」から上演されることもありますが、観ている方としては、「上州屋質見世」の場面ががあった方がわかりやすいと思います。

今回、この場面がおもしろかったのは、上州屋後家おまきの中村魁春、和泉屋清兵衛の中村歌六が良かったからだと思います。二人とも、大店の主人としての貫禄があり、河内山宗春のうさん臭さを知りつつも、大事な娘を助けたい一心から河内山の大博打(?)に賭けてみようという気持ちがきちんと表現されていました。

もしかしたら、河内山は大金欲しさに、半分出まかせで「娘を助けよう」と言ったのかもしれないように思いました。口では「自分に任せれば大丈夫」と言ってみたものの、二人がのってきたために、後に引けなくなったかもしれません。

吉右衛門河内山宗春は、黙阿弥の台詞を名調子で聞かせます。とにかく、間の取り方がうまい。そして、お数寄屋坊主という表を持ちつつも、裏では悪事を働く無頼漢という二面性がうまく表現されていました。明るくにこやかにしていつつも、ところどころで、ふっと暗い悪の顔がのぞくような感じがしました。

「松江邸玄関先」の場で、北村大膳に正体を見破られるところでは、大向こうから、

「待ってました!」

「たっぷり!」

などと声がかかっていました。

歌舞伎美人のインタビューで、中村吉右衛門は、「河内山」について、

「皆さんに喜んでもらって最後に溜飲を下げていただくもの。巨悪に対する庶民の味方の悪人の生きざまが描かれた作品です。自分が楽しんでやらなければいけません。」

と語っています。秀山祭で「河内山」が上演されるのは3回目だそうですが、今回が一番良かったと思います。

 

中村児太郎の雪姫

昼の部の最初の演目は「金閣寺」。

中村梅玉以外は若手中心の配役です。中村梅玉の此下東吉実は真柴久吉は、ニンにもあっていて、さすがの出来。対する松永大膳の尾上松緑。台詞もきっぱりしていて、役の大きさもうまく出ていたように思います。

中村児太郎が初役で勤めた雪姫が、個人的にはとても良かったと思います。まだ、手順を追うのに手いっぱいなところがあったり、人妻としての色気が欲しいところがあったりしましたが、何よりも、お姫様としての品格があったのが良かった。以前は、女形なのにごついと思ったこともありましたが、良い女形になりました。雪姫は、坂東玉三郎と父親の中村福助から習ったそうです。

約5年ぶりに舞台に復帰した慶寿院尼の中村福助。出演時間は少なかったものの、客席からは大きな拍手。右手が不自由なものの、思ったよりも元気そうで、台詞もしっかりしていました。化粧のせいなのか、顔が父親(七代目中村芝翫)に少し似ていました。

中村福助が本格的に舞台に復帰するのはまだ先かもしれませんが、これだけできるのだったら、「国姓爺合戦」の楼門の錦祥女とか、「糒倉」の淀君とかだったらできるのではないだろうか、と期待してしまいます。

そういえば、中村福助を襲名した時の歌舞伎座での狂言が「金閣寺」でした。中村福助の復帰にあたり、どういう経緯で「金閣寺」が選ばれたのかはわかりませんが、中村吉右衛門中村梅玉の意向は少なからずあったように思います。

 

幸四郎の更科の前

金閣寺」と「河内山」の間に、松本幸四郎が更科の前実は戸隠山の鬼女を勤める舞踊劇「鬼揃紅葉狩」があります。前後が良かったので、この舞台の印象が薄いのですが、松本幸四郎の更科の前は化粧のせいなのか、割と地味な感じがしました。

松本幸四郎(まだ、この名跡に慣れていません…。)という名前を継いで、これからどういう役者になっていくのか? なっていこうとしているのか? 松本幸四郎は、今月は4つの演目に出演していますが、何となく、一貫性がないような気がしたので。