秋田のりんごが届きました

f:id:L-Komachi:20181208204809j:plain

 

 

今年も、秋田のりんごが届きました。

 

りんごはふるさと納税の返礼品

このりんごは、秋田県横手市の、ふるさと納税の返礼品です。

今年選んだ返礼品は、“「ふじ」りんごの家庭用10㎏”*1で、大き目のりんごが計36個、2段重ねで入っていました。「訳あり」なので、大きさもバラバラで、少し傷がついてはいますが、自宅で食べる分には、全く問題はありません。しばらくは、りんご三昧です。

 

f:id:L-Komachi:20181208204658j:plain

 

りんごが入っていた箱には、横手市増田町出身の漫画家・矢口孝雄の「釣りキチ三平」が描かれています。

りんごといえば青森県や長野県が有名ですが、秋田県でもりんごが栽培されています。秋田県では、県北部と県南部でりんごが栽培されていますが、私にとって「秋田のりんご」と言えば、秋田県南部ー横手市を中心とした平鹿(ひらか)地方ーのりんごです。

 

りんごの思い出

大学進学で秋田を離れた時から、母が秋田のりんごを注文して送ってくれました。

母が病気で入院・手術をした時になど、何度か

「大変だったら、りんごは送らなくていいよ。」

と話したことがありますが、

「子供にりんごを送るのも楽しみの1つだから。」

と言って、結局、母が亡くなるまで、毎年、秋田からりんごが届きました。

もうすぐ、母の命日です。

 

母が亡くなった翌年から、秋田のりんごが食べたくて、横手市へのふるさと納税を始めました。ネット販売でも注文できるのですが、どこを選んだらよいのかわからなくて、ふるさと納税の返礼品から選ぶことにしました。

毎年、おいしいりんごが届くので、個人的には満足しています。

*1:箱には「サンふじ」とありましたが…。