2018年の、個人的振り返り

f:id:L-Komachi:20180722190258j:plain

 

2018年も、もうすぐ終わりです。今年もいろいろありました。

そして、今年は、自分の将来を真剣に考えた1年だったように思います。「自分の将来」と言うよりも、セカンドキャリアと言った方が良いかもしれません。

 

現在は司書として図書館に勤務しています。

60歳という節目の年が近づいてきていますが、できれば、60歳よりも前の早期退職も考えています。60歳になってから新しいことを始めるよりも、50代の方がチャレンジしやすいのでは、という漠然とした思いから。

「定年前に仕事を辞めること」は前から考えていましたが、「今の仕事を辞めて何をしたいか」は、ずっとぼんやりとしたままでした。仕事を辞めて悠々自適なんて、今のご時世では絶対無理です。働ける間は働きたい、収入は今よりも少なくなっても構わないから仕事のペースは落としたいかも…、などと自問自答を繰り返していました。

 

そして、昨年の秋の大学の同窓会の時に、転職した人からいろいろと話を聞いて、「自分も真剣にセカンドキャリアを考えなくてはいけないな。」と思い、以前から気になっていたセミナー(有料)に申込みました。セミナーの開催時期が年度末から年度初めという、仕事が忙しい時期でしたが、なんとか課題も提出し、無事、終了証をいただきました。何よりも、このセミナーを通じて、図書館の外の方々と知り合いになれたことが一番の収穫だったように思います。

そして、年末に受けた別のセミナーをきっかけに、資格取得を目指そうと決心しました。お正月明けから、本格的に資格取得のための勉強を開始しようと思っています。

果たして、どうなるでしょうか?

 

来年、2019年も、いろいろなことにチャレンジする年になりそうです。