映画『アリー/スター誕生』を見てきました

2019年最初のレディースデイを利用して、話題の映画『アリー/スター誕生』を見てきました。

wwws.warnerbros.co.jp

ネタばれになるといけないので詳細は省きますが、良かったです! すでに、もう1回見に行こうかとも考え中です。

『スター誕生』は今回で4度目の映画化。ストーリーや設定は現代にアレンジしています。最初は、歌が好きな一人の女の子だったガガ様(レディー・ガガをここでは「ガガ様」とさせていただきます。)が、スター歌手のジャクソン・メイン(ブラッドリー・クーパー)に見いだされて、スターになっていく様子は、ガガ様自身と同じ?

特に、ラストシーンのガガ様と歌(I'll Never Love Again)は素晴らしかったです。

主人公・アリー役ガガ様の歌唱力は素晴らしいのですが、ブラッドリー・クーパーの歌とギターも素晴らしかったです。しかも、監督までやっているし。野外フェスの場面は、実際のロックフェスをジャックして撮影されたそうで、迫力がありました。

クィーンの「ボヘミアン・ラプソディ」もまだまだ人気のようですが、「アリー/スター誕生」もおススメです。(ちなみに、私はまだ「ボヘミアン・ラプソディ」を見に行けていません…。)

 

レディースデイで話題の映画なので、混雑覚悟で見に行ったのですが、予想に反して、映画館はガラガラ。おかげで、ゆっくり見ることができました。今日は、映画よりも福袋やセールだったようです。

 

f:id:L-Komachi:20190102203819j:plain