四月大歌舞伎(昼の部)@歌舞伎座~「野崎村」を中心に~

歌舞伎座「四月大歌舞伎」に行ってきました。

昼の部、夜の部とも、思っていた以上に見ごたえがありました。

昼の部の「平成代名残絵巻(おさまるみよなごりのえまき)」は、華やかな新作舞踊。常盤御前中村福助が元気そうでした。「御存知鈴ヶ森」は、白井権八尾上菊五郎と幡随院長兵衛の中村吉右衛門の顔合わせ。二人の芸のぶつかり合いに、見ていて、わくわくしました。

夜の部は、片岡仁左衛門の「実盛物語」がよかったです。太郎吉役の寺嶋眞秀君が、一生懸命勤めていました。

 

www.kabuki-bito.jp

 

昼の部の「野崎村」も見ごたえがありました

 今月の「新版歌祭文(しんぱんうたざいもん)」は、「野崎村」の前に、「座摩社」があります。おそらく、私が「座摩社」を観たのは、初めてだと思います。

「座摩社」があったので、「野崎村」の冒頭に、通常はカットされる「あいたし小助」の場面がありました。これらがあると、「野崎村」の筋がわかりやすくなると思うのですが、場面のおもしろさがやや足りない感じもして、これらの場面があまり上演されないのもわかるような気がしました。

今回の「野崎村」は、久作娘お光が中村時蔵、油屋娘お染が中村雀右衛門、丁稚久松が中村錦之助、百姓久作が中村歌六、後家お常が片岡秀太郎で、役者が揃っていて(しかも、ニンに合っている)、見ごたえがありました。

中村時蔵は、お光の素朴な田舎娘らしさと、お染を見てからの嫉妬の様子をくっきり見せていて、最後は久松への思いを胸に秘めながら、久松を助けたい一心で尼になるという哀れさが十分に出ていたと思います。一方、お染の中村雀右衛門は、大店のお嬢様らしく、大好きな久松しか見えていないという…。そんな、二人の女性に思われる中村錦之助の久松は、お光に対しては妹のような感情は持っているけれど、恋の相手としては考えておらず、お染の方が好き。でも、育ての親の言いつけにはそむけないし…、という優柔不断な二枚目を嫌味なく見せていました。

今月の「野崎村」は、久しぶりに、心を揺さぶられました。

 

「野崎村」のお光を演じた役者

中村時蔵のお光を見ながら、「野崎村」のお光を演じた役者さんを3人、思い出しました。その3人とは、十八代中村勘三郎中村芝翫尾上梅幸です。確か、前の歌舞伎座の舞台だったはず…。

この3人が、本当に「野崎村」のお光を演じたか、確認のために「歌舞伎公演データベース」で検索してみたところ、確かにお光を勤めていて、私も観ています。

 

歌舞伎座  2005年 2月 夜の部

 

歌舞伎座  1995年12月 夜の部

 

歌舞伎座  1994年 1月 昼の部

 

そして、「野崎村」を何度も歌舞伎座で観たような気がしていましたが、実はそれほど多く上演されている演目でもなかったこともわかりました。(他の劇場も含めれば、結構、上演されているようですが。)

 

同じ演目でも、毎回違う 

歌舞伎を観ていると、やはり、人気のある演目は上演される機会が多いように思います。ただし、「またか」と思った演目でも、配役によって違った舞台になりますし、同じ役者さんが演じていても、前回とは違って見えることが多いです。

「舞台は生もの(なまもの)」とよく言われますが、とにかく、毎回違います。だからこそ、また観たくなりますし、何度も観たくなります。