お香で、香りを聞いてみる

f:id:L-Komachi:20190519203853j:plain

 

最近、お香にはまっています。

お香にはまったきっかけは、退職の際に職場の方からいただいた、「リスン」のお香でした。

 

「リスン」のお香を聞いてみる

香水とかアロマスティックとか、香りは使っていますが、香りが強すぎるのは苦手。香りについても、かなり好き嫌いがあって、好きな香りがほのかに香るよう、調整しながら使っています。

退職の際に、職場の方から

「お香を聞いて、リラックスしてね。」

と「リスン」のお香をいただいたのですが、その時は「私、お香を使うかな?」と内心思ったのですが…。

退職後、自宅にいる時間が増えました。(資格試験の勉強は、自宅でしています。)

ずっと家にいると、時々気分転換したくなります。そんな時に、試しにお香をたいてみたところ、お香の上品な香りが気分転換にぴったりでした。

いただいた「リスン」のお香には、1本1本に名前がついていて、

「今日はどのお香にしようかな?」

という選ぶ楽しみもあります。

最近は、掃除をした後、お香をたくようになりました。

「リスン」が京都にあることは知っていましたが、東京にもあるようです。今度、行ってみたいと思っています。

Lisn Aoyama(リスン青山)

 

鳩居堂でお香を追加購入

 「リスン」のお香がなくなったので、先日、歌舞伎座に行った際に、銀座の鳩居堂で、お香を追加購入しました。

銀座の鳩居堂の1階でもお香は売っていますが、2階にお香のコーナーではサンプルが置いてあるので、香りを確認して購入できるのですが…。残念ながら、サンプルは香りがなくなっていて、どんな香りなのかがわかりませんでした…。

とりあえず、「さくら」と「ジャスミン」というお香を選びました。

「さくら」のお香は、少し甘さがある、やさしくて上品な香りでした。

ジャスミン」のお香は、ハーブのような香りですが、たくと、ほのかにジャスミンの香りがします。

香りを十分に確認できずに選んだのですが、どちらも好みの香りでした。

 

f:id:L-Komachi:20190519203911j:plain

 

香りを「聞く」

ところで、香道では、「香りを聞く」と言います。

鳩居堂の日本のしきたり豆知識』の「香を聞く」の項によると、以下のようにあります。

 香道が体系的に整えられたのは室町時代のことと言われています。「香木」を一定の作法に基づき鑑賞する「香道」では、香りを「かぐ」とは言わずに、香りを「きく」と表現します。その由来は諸説あり、お酒の種類を選別する「利き酒」同様、香りを「利き分ける」意味から。また、香りと向き合い、香りに問いかけてその答えを「聞く」、香から立ち上がる煙に思いを託し、天に「聞き届けてもらう」など。

 日本のお香には独特の凝りがあり、その香りを「きく」と日本人の奥深くに眠る何かが呼び起こされるような気がします。(p.75)

 

私はまだお香を聞く、というレベルではなく、お香のやさしい香りを楽しんでいるという状況です。でも、いつか、「香を聞く」という体験もしてみたいと思っています。

 

鳩居堂の日本のしきたり 豆知識

鳩居堂の日本のしきたり 豆知識

 

 

 

印象的だった「香り」

個人的に印象的な「香り」と言えば、このブログでも記事を書きましたが、2018年7月の歌舞伎座公演夜の部「源氏物語」です。

この時は、1階の中央3列目の席で観たのですが、市川海老蔵演じる光源氏が登場するたびに、舞台から良い香りが漂ってきました。恐らく、衣装に香をたき込めていたのではないかと思います。そして、その香りも、光源氏らしい、素敵な香りだったことを覚えています。

 

l-komachi.hatenablog.com