團菊祭五月大歌舞伎 昼の部@歌舞伎座

f:id:L-Komachi:20190529173631j:plain

 

歌舞伎座の「團菊祭五月大歌舞伎」に行ってきました。

尾上菊之助の長男・和史君が七代目尾上丑之助うしのすけ)を名のって初舞台を勤める、夜の部の「絵本牛若丸」が話題でした*1

劇中の口上で、二人の祖父-尾上菊五郎中村吉右衛門-が、孫の初舞台に、とてもうれしそうでした。

冒頭の写真は、七代目尾上丑之助初舞台の祝幕の一部です*2

私はもちろん昼の部、夜の部の両方を観ましたが、個人的には、昼の部の方がおもしろかったように思いました。

 

www.kabuki-bito.jp

 

寿曽我対面

昼の部は、若手の「寿曽我対面」から。

この舞台については、ちゃんと観ていなかったかもしれません。なので、感想等は省略します。

 

勧進帳

おなじみの「勧進帳」ですが、配役によって、全く違う舞台になるのが歌舞伎のおもしろい所でもあります。市川海老蔵武蔵坊弁慶尾上松緑の富樫左衛門、尾上菊之助源義経で上演されるのは久しぶり、ということで、個人的には「勧進帳」に注目していました。

市川海老蔵が弁慶を勤める「勧進帳」は何度か観ていると思います。市川海老蔵の弁慶は、下手をすると、勢いがありすぎて、弁慶のみが暴走しがち(?)になる舞台もあったように思うので、今回は配役もあったのか、今まで観た中で、一番良かったと思います。台詞もだいぶ改善されていました。海老蔵の長所でもある鋭い眼光が、時にはうるさすぎると感じることがあったのが、これについても改善されていました。

来年の團十郎襲名の演目の1つとして「勧進帳」が上演されると思うので、どんな舞台になるか、楽しみです。

尾上菊之助義経も、品があって良かったです。弁慶に注目されがちですが、「勧進帳」の本当の主役は、義経なので。

海老蔵の弁慶、菊之助義経は良かったのですが、尾上松緑の富樫があまり良くなかったのが残念でした。特に、台詞で、変なアクセントになっている箇所が多く、化粧も眉毛が細すぎて、何となく変な感じがしました。もしかしたら、たまたま私が観た日だけだったのかもしれませんが。

 

明恵和合取組 め組の喧嘩

 そして、予想以上におもしろかったのが「め組の喧嘩」です。

尾上菊五郎の辰五郎が、全く年齢を感じさせない、すっきりとした、いなせな火消しの親分になっていました。女房お仲を勤める中村時蔵との息も合っています。

辰五郎倅又八を勤める坂東亀三郎君が、小さいながらも達者に勤めていました。

「神明末社裏」の鳶と力士の喧嘩の場面は、菊五郎劇団の若手からベテランまでが総出で、毎回、本当に盛り上がります。きびきびとした動きやユーモラスな動きなど、1つも見逃せない感じでした。

この舞台を、2階桟敷席後ろの照明室から、尾上丑之助君(おそらく)が、身を乗り出す感じで真剣に見ていました。「いつかは、自分もあの舞台に立ちたい。」と思ってみていたのでしょうか?

 

夜の部は…?

以上が、昼の部の感想です。観劇した日から日にちがたってしまっているので、かなり記憶があいまいになっている部分もあります…。

「夜の部」の感想は、別記事にできればと思っています。