六月大歌舞伎(昼の部)@歌舞伎座

歌舞伎座の「六月大歌舞伎(昼の部)」に行ってきました。

今月は、三谷幸喜の新作歌舞伎が上演される夜の部が話題ですが、私のように、「新作歌舞伎もいいけれど、オーソドックスな歌舞伎が好き」という方には、昼の部がおすすめです。中村吉右衛門の「石切梶原」、片岡仁左衛門の「封印切」は、期待していた以上に見ごたえのある舞台でした。

www.kabuki-bito.jp

 

寿式三番叟

「寿式三番叟(ことぶきしきさんばそう)」は、二人の三番叟-松本幸四郎尾上松也-の躍動感あふれる踊りに注目でしょうか。やはり、松本幸四郎は踊りがうまい。松本幸四郎に、尾上松也が必死に食らいついている、という感じでしょうか。

 

女車引

「車引」はよく上演される演目ですが、「車引」の登場人物の女房たちが踊る「女車引」は初めて観ました。

場面は、「車引」の吉田神社で、松王丸の妻・千代(中村魁春)、梅王丸の妻・春(中村雀右衛門)、桜丸の妻・八重(中村児太郎)が、車の引き合いや賀の祝いの料理の拵えをする場面などを踊りで見せます。

それぞれ、松、梅、桜をあしらったデザインの衣裳も素敵でした。

 

石切梶原

中村吉右衛門が梶原平三景時を勤めます。周りも、大庭三郎が中村又五郎、俣野五郎が中村歌昇、青貝師六郎太夫中村歌六、梢を中村米吉が勤めるなど、播磨屋一門を中心とした舞台でした。

中村吉右衛門が梶原は、何度も手がけているだけあって、台詞が良いのはもちろんですが、何気ない動きも自然で、とにかく丁寧に演じていました。最後の石の手水鉢を切る場面は、非常に盛り上がります。梶原の「剣も剣」、六太夫の「切り手も切り手」の台詞の後に、大向こうから「役者も役者」という声がかかることもあるとか。残念ながら、この日は「役者も役者」の声はかかりませんでしたが、密かに「役者も役者」と言ってしまいました。

俣野の中村歌昇や、梢の中村米吉、並びの大名で出ていた中村種之介や中村鷹之助は、身近で中村吉右衛門の演じる梶原を見ることで、播磨屋の芸を知ることができるのではないかと思います。もしかしたら、そこまで余裕がないかもしれないのですが。

 

封印切

 丹波屋忠兵衛を片岡仁左衛門、傾城梅川を片岡孝太郎丹波屋八右衛門を片岡愛之助、井筒屋おえんを片岡秀太郎槌屋治右衛門を坂東弥十郎が勤めるという、松嶋屋一門による「封印切」。

片岡仁左衛門が忠兵衛を勤めるのは30年ぶりとのことで、私は初めて観たことになります。「封印切」もよくかかると思いますが、観たのは、成駒屋のものがほとんどだったということになります。松嶋屋の型で上演された「封印切」は、片岡愛之助が忠兵衛を演じたものだったでしょうか? 

 

片岡仁左衛門の忠兵衛は、とにかく若々しくて、すっきりとしたいい男でした。孝太郎や愛之助と対峙していても、年齢を感じさせないところがすごいです。片岡愛之助を八右衛門に抜擢したのは、片岡仁左衛門が、自分の演じる忠兵衛をそばで見せることで、松嶋屋の芸を引き継ぐ目的もあったのかもしれません。封印を切る場面での二人の緊迫したやりとりは、非常に盛り上がりました。

そして、何といっても、片岡秀太郎のおえんも素晴らしい。いかにも廓のことを良く知っていて、忠兵衛と梅川のことが好きで、二人を温かく見守っているというのがよくわかります。ただし、片岡秀太郎自身は、ご自身のブログで、以下のように綴っています。

封印切のおえんは、一体何度目になるのでしょう。10代から梅川を封印切、新口村で数多く勤めていましたが、もう梅川より おえんの方が多くなったかもしれません。よくお褒めのお言葉で、「おえん と言えば秀太郎秀太郎といえど おえん」と言われるのは とても寂しいです。(秀太郎歌舞伎夜話 2019.6.1「六月興行」)

 

なお、『上方のをんな』では、

世話好きで、治右衛門に惚れていて、色気があって、情けがある。おえんはおもしろい役ですよ。さすがに八十歳をすぎて梅川をやりたいとは思いませんけど、おえんは身体の動く限り、つとめさせていただきたい役です。(p.55)

と語っています。

 

松嶋屋の「封印切」は、舞台の装置や演出など、成駒屋と少しずつ違っています。これについては、片岡秀太郎『上方のをんな』の、p.40~55 あたりを参考にしていただくのが良いと思います。

上方のをんな: 女方の歌舞伎譚

上方のをんな: 女方の歌舞伎譚

 

 

 夜の部はこれから

 六月大歌舞伎の夜の部の観劇はこれからです。

劇評も出てきていているので、いくつか目を通して、予習をしてから観た方が良さそうです。