図書館の音の許容範囲はどこまで?

f:id:L-Komachi:20190702202951j:plain

 

先週、個人的な調査のために、図書館を利用しました。

その時に感じた、図書館内の音についての個人的な感想です。

 

館内の「音」についてのご意見は多かった

図書館の中の人時代は、図書館を利用される方から直接カウンターなどで、あるいは、図書館へのご意見という形で、本当に様々な要望が寄せられました。その中でも、館内の「音」についてのご要望は少なくなかったと思います。

  • 館内放送の音がうるさい
  • カウンターの職員の声がうるさい
  • グループで来ている生徒が騒いでうるさい
  • いびきをかいて寝ている人がいる
  • 独り言をずっと言っている人がいる
  • 子どもが走り回っていてうるさい
  • パソコンのキーボードの音がうるさい人がいる

などなど。図書館側に対してのご意見の場合は、対応を考え、職員に周知を図ったこともありました。図書館を利用されている方に対しては、状況を確認した上で、お声がけをしたこともありました。

 

周りの方の音も気になったけれど、自分の立てる音も気になった

先日、図書館を利用した際は、パソコンを持ち込みました。パソコン用の電源のある席だったので、周りはほとんどパソコンを利用されている方でした。場所的には、割と静かな感じでした。

そのため、自分がスマホを取ろうとした時に机にぶつかった音が、意外に大きくて、ちょっと焦ってしまったのですが…。幸いなことに、周りの方はそれほど気にされていない様子で一安心。

近くにいた方よりも、少し離れた席にいた方のキーボードの音が大きくて、少し気になったのですが、それよりも気になったのは、コンビニの袋をがさがささせながら、お菓子を食べていた方の音でした。

「閲覧室内での飲食はだめなんだけれど…。*1

と思っていたのですが、そういう時に限って、巡回の職員は来なかったという…。

 

図書館のゾーニングで解決できるのか

長年図書館を利用されている方からは

「以前は、図書館はもっと静かだった。」

と言われることもありました。

ただし、現在の図書館に「静かな空間」を求めるのは難しいかもしれません。

だいぶ前に見学に行った図書館では、図書館は原則にぎやかな空間なので、静かな空間を求める方向けの、仕切られた室を設けて案内しているとのことでした(完全防音ではなかったはず)。

カフェのような少しざわついた空間が良いのか、できるだけ静かな空間が良いのかは、好みもあると思います。図書館内を、会話ができる空間と、静かに集中したい人の空間にゾーニングするのも1つの方法かもしれませんが、完全な解決手段とはならないでしょうね…。

 

音問題の解決策はない?

音の感じ方は人によって様々なので、図書館側がどういうことをしても、完全な解決策にはならないような気もしています。

個人的には、図書館は様々な方が利用する公共スペースなので、ある程度の「ざわつき」があって良いと思っています。館内にBGMを流す図書館もあるようですが、私個人としては、BGMはない方が良いです。

吹き抜け空間など、建物の構造上、音が響きやすい場所もあります。図書館の職員、利用される方、それぞれがちょっとした配慮をするのが最善の方法のように思うのですが…。

*1:原則は飲食禁止ですが、ペットボトルや水筒など、蓋のあるものでの水分補給は可だったはず。