八月納涼歌舞伎 第一部@歌舞伎座

f:id:L-Komachi:20190826175423j:plain

 

今日から9月になってしまいましたが、先月の歌舞伎座「八月納涼歌舞伎」は第一部と、第三部を観劇しました。スケジュール調整がつかず、第二部はあきらめました。チケットの売れ行きを見ていると、第二部が人気だったようです。

 

中村七之助の政岡

個人的に注目していたのは、第一部「伽羅先代萩」の政岡を初役で勤める中村七之助。政岡は、坂東玉三郎に教わったそうです。

御簾が上がって、舞台に現れた中村七之助の政岡の姿は立派でした。台詞もしっかりしていましたし、飯炊き(ままたき)の場面もきちんとできていました。栄御前が退出した後の、殺された我が子・千松をかき抱いてのくどきの場面も、哀れさがありました。何よりも、乳人としての顔と母親としての顔を、きちんと演じ分けができていたのが良かったと思います。

おそらく、細かいところはいろいろあったかもしれませんが、中村七之助の「女形でやっていく」というような決意が見えた舞台でした。

 

中村勘太郎中村長三郎、二人の子役

伽羅先代萩」で、政岡の子・千松を中村勘太郎、鶴千代を中村長三郎が勤めました。二人は中村勘九郎の息子で、中村七之助にとっては甥になります。二人にも、坂東玉三郎が教えたそうです。

歌舞伎で子役が出るお芝居はいろいろありますが、「伽羅先代萩」は、二人の子役の出来が、舞台全体の出来を左右する演目です。

二人とも歌舞伎が大好きとのことですが、とてもよく勤めていたと思います。これからが楽しみ!

 

中村児太郎の沖の井

ほかには、松本幸四郎が、八汐と仁木弾正の二役。八汐は憎々しかったし、仁木弾正は不気味な感じが出ていました。欲を言えば、仁木弾正はもう少し不気味な感じと大きさがあった方が良かったかもしれません。

昨年あたりから注目している若手・中村児太郎は、沖の井。出番は少なかったけれど、女形として成長しています。9月は「寺小屋」でどんな戸浪を見せてくれるか、注目しています。

 

f:id:L-Komachi:20190826180049j:plain

 (歌舞伎座の中に掲示されていた「伽羅先代萩」のポスターを撮ったら、ガラスに照明が写っているのも撮れました…。)