FC東京U-23 vs ブラウブリッツ秋田@夢の島陸上競技場

f:id:L-Komachi:20191109132600j:plain

昨日は、夢の島陸上競技場へ、地元・秋田のサッカーチーム、ブラウブリッツ秋田の応援に行ってきました。

試合結果はチェックしているものの、なかなか現地観戦ができずにいます。首都圏のチームとの対戦で、川崎フロンターレのホームゲームがない日は応援に行こうと思っているのですが、7月14日(日)のニッパツ三ツ沢球技場Y.S.C.C.横浜戦は、雨で観戦をあきらめました…。

 

J3の試合も、おもしろい

Jリーグの観戦は、等々力陸上競技場で行われる川崎フロンターレのホームゲームがほとんどです。何となく見に行って、ルールはよくわからないけれどもおもしろくて、ほぼ毎試合見に行くようになりました。(シーズンチケットを持っています。)

そのため、J1の試合を見ることが多いのですが、J3の試合もおもしろいと思います。

 

前半は、ブラウブリッツ秋田がボールを持っている時間も長かったのですが、なかなか決めきれず、FC東京U-23に先制点を決められ、1対0で折り返し。

そして後半、ブラウブリッツ秋田は2本のPKをきっちり決めて、さらに追加点を入れ、1対3に逆転! その後は、お互いボールを持っても決めきれずという状況。このままで終わりかと思ったところで、FC東京U-23が追加点。ATは5分で、ハラハラドキドキしながら試合を見ていましたが、何とかブラウブリッツ秋田が逃げ切って、2対3で勝利!!

 

ブラウブリッツ秋田は、U-23のチームが苦手なのか、なかなか勝てません。FC東京U-23にアウェイで勝ったのは、昨日が初めてだそう。秋田サポの皆さん、昨日の勝利をとても喜んでいました。

 

都内在住ですが、FC東京についてはほとんど知らなくて、昨日出場していた選手も、GKの波多野選手くらいしか知らなかったのですが、みんな体格が良くて、ブラウブリッツ秋田の選手は体格では完全に負けていました。

でも、それだけではないのがスポーツのおもしろさ。

スポーツは、生で観戦するのが楽しいと思います。

 

秋田のサポーターは熱くて暖かい

昨日の試合の観客は1,500人弱で、そのほとんどがFC東京U-23側なので、ブラウブリッツ秋田側の人数は少なかったです。

 

私はメインスタンドのアウェイ側に設けられた座席で観戦しましたが、人数が少ないのでゆっくり観戦することができました。周りには、私のように、「秋田県出身だから、地元のサッカーチームを応援に行こうか」と来たと思われる方もちらほら。何となく、地元愛のあたたかい雰囲気がありました。

ゴール裏のコアサポの応援も熱くて、良かったと思います。手作り感満載の、青いなまはげもいました(笑)。

f:id:L-Komachi:20191109132216j:plain

 

今年も、試合前に、秋田のソウルフード(?)・金萬のおすそ分けがありました。久しぶりに食べた金萬、おいしかったです。

試合前には「秋田県民歌」も歌えたし、試合も勝利!! 

観戦に行って、良かった!!

 

昨日は、JA全農あきたがブースを出していて、あきたこまちの新米(300g)を配布していました。

f:id:L-Komachi:20191110214526j:plain

夢の島陸上競技場に向かう途中、前を歩いていたFC東京U-23サポの親子が

あきたこまち、もらえるかな?」

と話してましたが、無事にもらうことができたようです。私ももらいました。 

 

夢の島陸上競技場に行ったのは、昨年に続いて2度目。オリンピックに向けてなのか、あちこち整備がされていて、きれいになっていました。