十二月大歌舞伎@歌舞伎座

f:id:L-Komachi:20191213124226j:plain

 

 歌舞伎座の「十二月大歌舞伎」は、注目している中村児太郎を目当てでした。このため、昼の部はBプロで、中村児太郎が阿古屋を勤める日を選んでチケットを取りました。

中村児太郎の舞台を中心に個人的な感想を綴ってみたいと思います。

www.kabuki-bito.jp

 

【昼の部】「阿古屋」の遊君阿古屋

今月のお目当ては、昨年に続いて中村児太郎が勤める遊君阿古屋。今年も、坂東玉三郎中村梅枝と3人で、日替わりで勤めます。ただし、昨年は、半分くらいが坂東玉三郎の阿古屋で、残りを中村梅枝中村児太郎が勤めるという形でした。今年は、3人がほぼ3等分で、坂東玉三郎の出演日が減り、中村梅枝中村児太郎の出演日が増えました。

 

昨年は、比較のため、坂東玉三郎の阿古屋と中村児太郎の阿古屋の両方を観ました。坂東玉三郎の阿古屋は、さすがというか、周りを圧倒する雰囲気や、三曲の演奏も素晴らしかったです。

一方、中村児太郎の阿古屋は、初々しさがあるし、一生懸命さも伝わりましたが、「ちゃんと弾けるだろうか?」とハラハラドキドキしながらの感激で、幕切れの時は、

「良くできました!」

という気持ちで拍手をしていたかもしれません。

去年にくらべれば、今年の中村児太郎の阿古屋は、落ち着いて観ることができました。三曲の演奏も、去年に比べてうまくなっていたと思いますし、遊君としての大きさも出てきていたかと。

阿古屋は遊君であり、景清の恋人であり、景清の子を妊娠している母でもあるという3つの側面をどう見せていくのかは、今後の課題かもしれません。

 

いろいろなインタビュー記事でも語っていますが、あの、阿古屋の重い衣裳を着て三曲を演奏するのは、とても大変なのだとか。残念ながら、中村梅枝の阿古屋は、去年も今年も観ていないのですが、若手が古典歌舞伎に挑戦するのは良いことだと思っています。

f:id:L-Komachi:20191213124244j:plain

 

【昼の部】「たぬき」の妾・お染

市川中車が勤める柏谷金兵衛の妾・お染が中村児太郎

金兵衛に囲われてはいるものの、ちゃっかり坂東亀蔵演ずる浪人・狭山三五郎という恋人がいます。旦那をだまして、うまくやっていたと思っていたのに、息を吹き返した金兵衛にやり込められるという…。ちょっと投げやりなところがある、いい女でした。

市川中車は、新作歌舞伎だといい味を出しますが、昔見た坂東三津五郎市川團十郎の金兵衛よりも、真面目すぎるというか、もう少しユーモアがあってもよかったと思いました。

 

【夜の部】「心霊矢口渡」の傾城うてな

「心霊矢口渡(しんれいやぐちのわたし)」は、中村梅枝が初役で勤める娘・お舟が良かったです。一目ぼれした新田義峯への娘らしい恋慕と、自分の恋がかなわないことを知り、身代わりとなって新田義峯と傾城うてなを逃がすという難しい役どころを、とてもよく勤めていたと思います。

中村児太郎演じる傾城うてなは新田義峯の恋人という役ですが、お舟の恋心を知って、それを利用しようとする様子を戒めるという、しっかりとした女性。黒の衣裳に、何となく色気がありました。

 

【夜の部】「本朝白雪姫譚話」の野分の前

「本庁白雪姫譚話(ほんちょうしらゆきひめものがたり)」は、グリム童話の「白雪姫」を江戸時代より少し前の時代の日本に置き換えた新作歌舞伎です。今回は、白雪姫の美しさをねたむのが継母ではなく、実の母の、野分の前という設定で、野分の前を中村児太郎が勤めます。

鏡の精を、野分の前と同じ衣裳を着た中村梅枝が勤めたり、小人を子役が勤めるという演出がユニークでした。

坂東玉三郎が主人公の白雪姫を勤めつつ、演出も手掛けていたと思います*1。ただ、玉三郎が白雪姫だと、母親である野分の前と並んだ時や、最後に白雪姫を助ける、輝陽の王子を勤める中村歌之助と並んだ時に、少し釣り合いが取れないというか…。

中村児太郎の野分の前は、ほぼ出ずっぱりで、美しくあること、しかも、自分が一番でいないと気が済まないという、ちょっとわがままで、大人になりきれない女性をおもしろく演じていたと思います。

 

もっと知りたい人には

「十二月大歌舞伎」は、今日が千秋楽でした。

「見逃した、残念!」という方や、舞台を見て、中村梅枝中村児太郎という若手役者に興味を持った方は、いろいろインタビュー記事がありるようなので、読んでみてはいかがでしょうか。

www.kabuki-bito.jp

enbu.co.jp

baila.hpplus.jp

spice.eplus.jp

*1:チラシには、坂東玉三郎補綴とありますが