『みんなの掃除・片づけ日記』を読みつつ、大掃除

みんなの掃除・片づけ日記 (みんなの日記)

みんなの掃除・片づけ日記 (みんなの日記)

  • 作者: 
  • 出版社/メーカー: 翔泳社
  • 発売日: 2016/11/02
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

 図書館の中の人時代は、たいてい、仕事納めの12月28日まで働いていたように思います。そして、年末に大掃除をしていたかは、よく覚えていません。おそらく、大掃除と言いつつ、いつもよりも丁寧に掃除することで終わっていたような?

今年は、大掃除のモチベーション(?)を上げるため、『みんなの掃除・片づけ日記』を読みながら、家の中の大掃除をしています。

 

掃除のやる気スイッチが入る本

この本は、整った部屋をキープしていることで人気のブロガーさんやインスタグラマーさん17人の、掃除・片づけの写真日記です。「はじめに」に

気軽にパラパラめくっているうちに、なんだかお掃除がしたくなる、今日こそちょっと片づけてみようかなと、やる気スイッチが入る本です。

 とあるように、私も、この本を読み始めて、「今年こそ、ちゃんと大掃除をしよう!」

と思いました。

ただ、なんとなく始めると、つい、だらだらと適当にやって、「まあ、この程度でいいか…。」と終わりそうなので、自分が気になっているところ・やらなくてはいけないと思っているところを、例えば「レンジフードの掃除」「窓ガラスの掃除」「洗濯槽の掃除」「本棚の整理」など、思いつくまま、手帳に書き出して、チェックリスト化しました。

予想どおり、私の大掃除は、1日では終わらず。

今日の午前中も残った箇所をやりましたが、この調子だと、年内には終わらないような見込みです…。

 

掃除を楽にするには、モノを減らすことが第一?

私自身、だいぶ持ち物も減らして、整理もしている方だと思っているのですが、この本で紹介されている片付いた部屋や、キチンと整理された収納の写真を見ると、「私はまだまだ…。」と思い、もっとお片付けをしなくては、と思いました。

この本で紹介されているような片付いた部屋とキチンとした収納にするのは、モノを減らすことが最優先かもしれません。確かに、モノが少ないと、掃除が樂です。

 

掃除や収納のヒントもあります

この本では、写真と文章で、実際に掃除に使っている道具類や方法、収納のアイディアや工夫が紹介されています。「これは、まねしてみたいな」と思うものも。

でも、第一は、やはりモノを減らすこと?

それと、色も、白い物にこだわって、色でごちゃごちゃしないようにしているようです。

 

モチベーションアップに、本やネット情報を活用してみる?

忙しいと、掃除や片づけはつい後回しになってしまいます。私も、仕事が忙しいと、少しずつモノがあふれだし、部屋の中も荒れてきます。そして、気持ちも荒れて、イライラしがちかもしれません。

そして、掃除や片づけのモチベーションアップのために、本やインターネット情報を活用してみるのも1つの方法ではないかと思います。

gendai.ismedia.jp