新春浅草歌舞伎@浅草公会堂

f:id:L-Komachi:20200113185743j:plain

 

浅草公会堂で行われた「新春浅草歌舞伎」は、第2部のみ、観に行きました。 

今年の「新春浅草歌舞伎」は、第1部、第2部とも義太夫狂言の名作が上演されます。若手役者さんが出演する「新春浅草歌舞伎」で、義太夫狂言が上演されることはありましたが、これだけ並ぶのは初めてのように思います。出演する役者さんには、かなりハードルが高かったのではないかと思うのですが、逆に、挑戦しがいもあって、いろいろと学ぶことも多かったのではないかと思っています。

www.kabuki-bito.jp

 

絵本太閤記 尼ヶ崎閑居の場

「絵本太閤記 尼ヶ崎閑居の場」は、中村吉右衛門の武智光秀が立派でした。おそらく、中村吉右衛門から教わったであろう中村歌昇がどんな風に勤めるかに注目しました。

最初に登場した時は、「ちょっと、小柄かな?」と思ったのですが、義太夫のセリフや、動き、ところどころの見得もきちんとできていて、観ているうちにそれほど気にならなくなりました。若手の中では、義太夫狂言をきちんと自分のものにしているように思いました。

坂東新悟の操も、母親らしく、しっとりと落ち着いた雰囲気が役に合っていて、良かったと思います。

武智十次郎の中村隼人、初菊の中村米吉は、二人ともきれいなのですが、義太夫狂言の役としてはまだまだなように思いました。

真柴久吉を勤めた中村錦之助は、若手の座組の中で、舞台をしっかりと引き締めるような役でした。

 

仮名手本忠臣蔵 祇園一力茶屋の場

仮名手本忠臣蔵 祇園一力茶屋」の場は、寺岡平右衛門を勤めた坂東巳之助が良かったです。 踊りがうまい人なので、動きがとても良いだけではなく、役の気持ちも入っていました。朴訥だけれども熱血漢、妹思いのやさしさ、身分のために敵討ちの仲間に加えてもらえない口惜しさなど、うまく出ていたと思います。

お軽を勤めたのは中村米吉で、遊女の色気は薄いものの、かわいらしくて無邪気な感じがしました。

残念だったのは、大星由良之助を勤めた尾上松也で、最後まで違和感がありました。これは、おそらく、大星由良之助のニンではないからではないかと思います。「仮名手本忠臣蔵」であれば、塩谷判官か早野勘平がニンに合っているような気がします。

 

恒例の「年始ご挨拶」

「新春浅草歌舞伎」では、最初に「年始ご挨拶」があります。役者さんの素の一面が伺えるので、楽しみにしている人も多いのではないでしょうか。

私が観劇した日は、坂東新悟でした。ほとんど脱線することもなく、これから上演する作品の説明が中心でしたが、とても聞きやすい声でした。

 

浅草は大混雑!

浅草公会堂に行く前に、せっかく浅草に来たのだから、と浅草寺にお参りをしてきましたが、とても混雑していました…。何とか、人波をかき分けて、お参りをしてきましたが、思っていたよりも時間がかかりました。レンタル着物の外国人観光客をたくさん見かけましたが、冬は着物だけだとちょっと寒そうに見えました。

 

終演後は、あたりは暗くて、スカイツリーがライトアップしていました。

この時間には、浅草寺参道はお店はもう閉まっているところもあり、昼よりはだいぶ人が少なくなります。日中はすごかった亀十の どら焼きを購入するための行列も短くなっていたので、無事に(?)、お土産としてどら焼きを買うことができました。

 

f:id:L-Komachi:20200114084840j:plain