図書館再開に向けて思うこと

f:id:L-Komachi:20200523115641j:plain


緊急事態宣言の解除を受けて、東京でも、休館中だった図書館が少しずつサービスを再開するようです。

 いくつかの図書館のホームページなどを見たりしながら確認をしていますが、例えば東京都立中央図書館では、予約制で時間制限ありの閲覧・複写サービスでスタートするようですし*1、地元の図書館では、予約した本の貸出に限定するようです。書架をブラウジングしながら、自分のペースで資料が調査できるようになるのは、もう少し先になりそうです。

この間、知り合いのライターさんから

「図書館が閉まっていて、資料の調査ができない!困った!!」

という声をよく聞きました。もちろん、私自身も、図書館が閉まっていて、資料の調査ができずに困った一人なのですが。これで、いくらかは「困った!」が解消できるかもしれません。

図書館を利用するにあたっての注意事項は、カーリルのブログ「COVID-19 : これまでとこれから」にまとめられています。

 

図書館の方は、開館に向けての対応などで大変だと思いますが、もうしばらく図書館の来館利用に制限がでるのだとすれば、もっと積極的に情報発信をして欲しいと思います。

「現在、図書館ではこのような対応をしています」というような感じで、写真付きで図書館の情報発信はやって欲しいし、できれば、「図書館に来なくても、このようにして調査ができます」「このサイトが役に立ちます」という、調べ方の案内の発信をして欲しいと思ってます。

そのほか、「図書館のホームページに、こんな情報が掲載されています」「こんなデジタルアーカイブを公開しています」ということも発信して欲しいかも?図書館のホームページを見ていて、なかなか必要な情報にたどり着けないことも多いので…。

 

もうすでにやっているとは思いますが、図書館は、今回の経験を、危機管理マニュアルに追加することも必要でしょう。新型コロナウイルス感染症の拡大は、今のところはおさまってきていますが、まだ予断を許さない状況であることは間違いないのですから。