「八月花形歌舞伎」のチケットを購入しました

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、3月から歌舞伎公演が中止だったのですが、8月から歌舞伎座で歌舞伎公演が再開されます。

www.kabuki-bito.jp

 

再開にあたっては、入場の際の体温測定・真数着用、客席は前後左右をあける、桟敷席は使わないなど、いろいろと制限があります。演目も1時間程度のものを1日に4回上演する方式で、各回、完全入れ替えで行います。このほか、大向こうの掛け声の禁止や、館内での飲食は、最低限の水分補給以外は控えて欲しいなど、規制が多いのも、やむを得ないですね。

www.kabuki-bito.jp

 

ここ数日、都内の新型コロナウイルス感染者が200人を超えるなど、この先の状況がどうなるかわからない状況ではあるのですが、「歌舞伎を生で見たい!」という気持ちから、「八月花形歌舞伎」の2部と4部のチケットを確保しました。

第二部「棒しばり」は、次郎冠者の中村勘九郎、太郎冠者の坂東巳之助の顔合わせが楽しみです。もちろん、前回、2015年8月の「花形納涼歌舞伎」第2部も観ていると思いますし、十八代目中村勘三郎と十代目坂東三津五郎の「棒しばり」も観たと思います(もしかしたら、襲名だったかもしれません。)

第四部は、個人的に注目している中村児太郎のお富が目当てです。

 

新型コロナウイルス感染症がおさまって、安心して歌舞伎を楽しめるようになることを願っています。まずは、「八月花形歌舞伎」が無事に開幕し、舞台を観に行けることを楽しみにしています。