十月大歌舞伎@歌舞伎座

f:id:L-Komachi:20201016160856j:plain

 

歌舞伎座「十月大歌舞伎」」は、第三部「梶原平三誉石切(かじわらへいぞうほまれのいしきり)」、通称「石切梶原」に行ってきました。

  

仁左衛門の「石切梶原」が素晴らしい!

目当ては、もちろん、片岡仁左衛門の梶原平三景時です。すっきりとした男前の梶原でした。口跡もいい役者さんなので、セリフもよくわかります。

いつもは、花道から梶原が登場していたと思うのですが、今回は上演時間の関係からなのか、付きで始まります。また、出演者の人数も制限をしているのか、並びの大名の数がいつもよりも少ないのがややさみしい感じがしました。

刀の目利きの場面、二つ胴の場面、六郎太夫親子に平家方ではあるものの源氏に心を寄せていることを語って聞かせる場面など、義太夫にのってきちんと演じます。見どころの石の手水鉢を切る場面は、羽左衛門型でした。羽左衛門型は、客席に正面向いて切り、まっ二つになった手水鉢の真ん中をポンと飛び越して来ます。梶原の「剣(つるぎ)も剣」というセリフは、今回は六郎太夫が「剣も剣、切り手も切り手」と一緒に言っていたと思います。いつもだったら、この後に大向こうから「役者も役者!」という声がかかることもあるのですが、今回はなし。大向こうがないと、歌舞伎がさみしいと思うこともありますが、今は仕方ないですね…。

青貝師六郎太夫中村歌六、大庭三郎景親の坂東彌十郎、俣野五郎景久の市川男女蔵もきっちり演じていて良かったと思います。六郎太夫娘梢役の片岡孝太郎は、娘っぽさが強いような感じで、やや人妻の色気が足りないように思いました。これは、梢という役自体の難しさかもしれないのですが。

 

国立劇場10月歌舞伎公演

今月は、国立劇場の10月歌舞伎公演の第一部にも行ってきました。

「ひらかな盛衰記-源太勘当-」が目当てで、中村梅玉の梶原源太はニンに合っていて良かったと思います。

「幸希芝居遊」は、歌舞伎ネタがたくさん盛り込まれていて、歌舞伎が好きにはおもしろいとは思いつつも、盛り込みすぎな感じもあり、バタバタしていたかもしれません。

 

歌舞伎初心者でもハードルは低い?

歌舞伎座国立劇場も歌舞伎公演が行われていますが、新型コロナウイルス感染症拡大防止対策がとられた中での実施です。観劇にあたってもいろいろ制限があり、上演時間も歌舞伎座では1回1時間程度になっています。出演する役者さんの人数なども制限があるようで、舞台展開があったり、出演人数が多い演目はまだ上演が難しいようです。

ただ、個人的には、上演時間が短くなっていることで、「ちょっと、歌舞伎を観てみたいかも?」という初心者の方のハードルは低くなっているような気がしています。座席数が少なくなっているにもかかわらず、当日券はかなりあるような感じです。前後左右の座席が空いているので、3階席でも、割と見やすいかもしれません。

私自身は、演目と出演する役者さんで選んで観にいっています。